【科学が証明】人生の分岐点=後悔しない決断は可能?→対策2選で【エビデンスを基に解決】

運を掴みたい!

 

ぬー
ぬー

こんにちは!ぬーです。

 

人生が不安な男性
人生が不安な男性

人生の分岐点に立ったとき、どんな選択をするのが正解なのか迷う。。

決断ミスはしたくないし、後々に後悔するような道は選びたくない…いったい、どうすればいいんだ。。

 

↑以上のような悩みに お答えします。

 

▶︎今回のまとめ

  • 【断言】人生の分岐点で決断ミスを避けるには?→答えは『感情をコンパスにせよ』⁉︎
  • あなたの未来を明るくする たった1つの打開策を【科学で紹介】※詳細は記事の後半

 

それでは、さっそく本題に入りましょう。

 

【科学が証明】人生の分岐点=後悔しない決断は可能?→対策2選で【エビデンスを基に解決】

【断言】人生の分岐点で決断ミスを避けるコツは?→答えは『感情をコンパスにすること』⁉︎

 

【必読】本記事では、あなたの不安や迷いをスッキリ解消すべく、科学的なエビデンスをもとに解説していきます。

 

だいじょうぶ。
あなたの心のモヤモヤは、きっと解決していけますよ。

 

わたしと一緒に、人生の悩みを克服していきましょう。

 

 

さて、さきに結論ですが「分岐点の どの道を進めばいいのか…」を解決するカギは、『感情をコンパスにすること』

 

あなたが直感的に感じる「やりたいこと」や「好きな道」を選ぶことが、決断ミスを回避する たった1つの対策です。

 

というのも、心理学の研究によると、わたしたち人間の『直感』の精度は、 “70〜90%” の的中率を誇るのだとか。

(参考 文献:『ネガティブな感情が成功を呼ぶ』『権力を握る人の法則 日本経済新聞 出版社』)

 

しかも、決断するまでに“2秒” もあれば、じゅうぶん正確な評価ができると確認されています。

(参考 文献:『第1感「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』)

 

反対に、論理的に「メリット or デメリット」を比較 検討しすぎる人ほど、かえって選択ミスをしやすくなる傾向アリ。

 

たとえるなら、あなたの「やりたい!」をコンパスにすることは、正しい決断をする “答案 用紙” を手にするようなもの。

 

…さぁ、想像してみてください。

 

どの道に進んだほうが、直感的に「幸せになれそう!」だと感じるでしょうか?

 

あるいは、あなたの「好き」「楽しそう」が反応するのは、どの選択肢ですか?

 

そして、もしも「失敗する選択はイヤだ…」と不安に駆られたときは、↓以下の名言を思い出してみてください。

 

「正しい選択肢なんてもんはない。選んだあとで、それを正しいものにしていくんだ」。

 

分岐点での選択は、どの道を進むかよりも「決断した後に、どうするか?」のほうが重要なのですね。

 

進学や就職といった問題に関係なく、です。

 

【警告】回避すべき決断=「行動しないこと」にアリ⁉︎

 

ご注意ください。

 

科学データに照らしてみると、もっとも後悔するのは「なにも選ばないこと」。

 

言い換えると、決断に迷って躊躇(ちゅうちょ)してしまい、なにも行動せずにいることが「最悪の選択」なのだそう。

 

その証拠に、心理学の研究によると、現状 維持に甘んじてしまう人ほど、 “約2倍” も過去を後悔する傾向にあるのだそう。

(参考 文献:『その科学が成功を決める』『残酷すぎる成功法則ー9割間違える「その常識」を科学する』)

 

分かりやすくいうと、もっとも失敗する人生の選択とは、なにも決断できないまま「運任せ」にして動かないこと。

 

また、べつの研究データによると、わたしたちは「自分で選んだもの」に価値を感じ、幸せを見出しやすくなるのだとか。

(参考 文献:『実践版GRIT やり抜く力を手に入れる』『ビジネスに活かす脳科学』『コミュ障でも5分で増やせる超人脈術』)

 

専門的に『自己決定 理論』とか『自己 選択の優位性』などと呼ばれる心理ですね。

 

かんたんにいうと、どんな選択であれ「みずからの意思で選んだ道」が、あなたの人生を幸福にしてくれるということ。

 

反対に、分岐点に立ったときに「他人の意見」や「社会の常識」に流されがちな人ほど、不幸な生き方になりやすい傾向アリ。

 

…さぁ、ご自身について振り返ってみてください。

 

あなたの本心や本音にウソをついて、周りの考えに同調していないでしょうか?

 

あるいは、ターニング ポイントとなる人生の決断を、他人 任せにしていませんか?

 

だいじょうぶ。

 

「自分の意思で決断する」というポイントさえ押さえておけば、きっと あなたは “正解に近い答え” を選べるはず。

 

あなた自身の「好き!」「やりたい!」といった感情をコンパスに、直感的に決断するのが科学的にオススメですよ。

 

【結論】人生の分岐点=選択ミスを避けるには?→未来を変えるたった1つの方法を【科学で紹介】

 

さて、今回は以上です。

ここまで話を聞いてくださって、本当にありがとう。

 

まとめると、今回の話は↓以下のとおり。

 

▶︎人生の分岐点での決断法

  • 感情をコンパスにする
  • 自分の意思で選択肢をチョイス

 

ぜひ、ご参考くださいね。

 

さいごに1つだけ、心理学の研究から「ストレスによる決断力のダウン」について。

 

研究データによると、精神的に追い込まれているときほど、判断力や問題 対処力がダウンしやすくなるのだそう。

(参考 文献:『後悔しない超選択術』『4021の研究データが導き出す 科学的な適職』)

 

専門的に『視野 狭窄(しや きょうさく)』とか『ネガティブ バイアス』などと呼ばれる心理ですね。

 

なので、ストレスフルな毎日を過ごしている人ほど、間違って「不運に遭いやすくなる選択」をしがちな危険“大” です。

 

ただ一方で、↓以下のような意見もあるかもですね。

 

悩み多き女性
悩み多き女性

「人生の分岐点=直感を信じて自分で選ぶ」が大切なのは分かった、けど。。

…でも、まさに いま不安に襲われてるところだし、ストレスのせいで不幸な決断をしたらと思うと。。

 

【無料プレゼントあり】絶望の人生から【科学的に脱出】

 

そこで、です。

 

ここからが、当記事の本題。

 

↓以下の記事では、苦痛な毎日から抜け出すべく「幸運な人生を手にするには?」について、科学データありで解説。

 

ここだけの話、、不幸な運命を引き寄せてしまうか否かは、当人の性格・行動・思考 習慣などに影響されることが証明 済み。

 

とくに、ストレス フルな日々を過ごしている人ほど、不運・不幸に見舞われやすいことが明らかにされています。

 

そこで、あなたの未来を180度 変える「絶望を克服する科学的なストレス対策法」についてのnoteも、あわせて紹介。

 

そして、ここまで話を聞いてくれた あなたにだけ、特別 扱いで「もっとも重要な冒頭 部分」を無料 公開でプレゼント

 

36を超える文献+科学データをもとに お話していきますので、情報の信用性+安心感についてはバッチリ保証できます。

 

…さぁ、イメージしてみてください。

 

罰ゲームのような一生を強(し)いられたままだなんて、あまりにも理不尽で苦し過ぎると思いませんか?

 

反対に、このさきの将来を「あなた自身のチカラ」で変えられるなら、どれほど人生を生きるのがラクになることか。

 

そう思いませんか?

 

コッソリ暴露しちゃいますが、、ツラい生き方から卒業できている人は みんな、自分だけの「処世術」を身につけていますよ。

 

【危険】精神的な苦痛・不安を取り除けずにいると…

 

漠然とした不安・寝る前の恐怖心を取り除くには、あなた自身の手で「人生の舵を取ること」以外に、方法はないのです。

 

お気をつけください。

 

じつは、心理学の研究によると、メンタル的な苦痛を解消できずにいると、新興 宗教や詐欺などに騙されやすくなる傾向に。

(参考 文献:『MIND OVER MONEY 193の心理研究でわかったお金に支配されない13の真実』『マインド・コントロール』『残酷な世界で生き延びるたった1つの方法』)

 

なので、ネガティブな人生観から脱出することは、あなたの命を24時間ずっと守る “守護神” を味方にするようなもの。

 

そして、リンク先で紹介するnoteは「365日いつでも返品 or 返金OK」

 

なので、あなたが損をすることは万が一にもありません

どうか、ご安心くださいね。

 

もちろん、決断するのは「あなた自身」です。

 

そして、ここまで話を聴いてくださった あなたは、すでに幸せな人生に向かう階段を1歩、2歩も登った先にいるはず。

 

③進捗

 

…さぁ、落ち着いて考えてみてください。

 

せっかく歩み始めたのに、来た道を戻って “スタート地点” に引き返すなんて…あまりに もったいないと思いませんか?

 

このさきの運命を変えられるかどうかは、すべて今この瞬間の『あなた自身の選択しだい』。

 

わたしと一緒に、苦しい生き方から卒業していきませんか?

 

(リンク)

 

(サクッと7分 以下で「人生の意味」を知りたい あなたへ→【真実】幸せな人生とは?→生きることを楽しむ意味・目的の答えを【科学データありで解説】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました