公開履歴
    白い薬と花

    インフルエンザ脳症はインフルエンザに罹った1歳~5歳の幼児におこりやすい症状です。異常行動、けいれん、意識障害などの神経症状が急速に進行します。
    発症は急激です。インフルエンザにかかってから2日以内いつでもおこりえます。
    脳症の発生は日本に多く欧米ではあまり見られません。日本でも発症は減ってはきています。
    ウィルスの感染経路は鼻の粘膜に感染して増殖し全身に広がります。脳内からウィルスが検出されなくてもインフルエンザ脳症は発症します。
    予防ワクチンを接種していても脳症になる可能性はありますが、免疫が高まれば発症の可能性は低くなるので、できれば生後6ヶ月から予防接種を受けたほうが発症のリスクを下げることが出来ます。
    インフルエンザ脳症の前触れとしての異常行動には次のようなことがあります。

    • 急に歌ったり泣き出したり怒り出す
    • 意味不明の言葉を発したりろれつが回らなくなる
    • 幻覚症状が出る
    • 人を正しく認識できない

    脳症が起こる原因ははっきり解明されていません。仮説として次のようなものがあります。
    インフルエンザの毒性が極めて強いため体の免疫系が強いダメージを受けます。
    体内で病原体を排除する働きのあるサイトカインという物質には様々な種類がありサイトカインネットワークを形成しています。
    インフルエンザウィルスはこのサイトカインネットワークに障害を起こします。
    そのため過剰な免疫反応が起き脳内で免疫が正常に機能しなくなり、けいれん、意識障害、異常行動が起こりさらに血管が詰まったりします。
    細胞の障害が多くなると全身状態が悪化し命にかかわる重症になります。
    抗インフルエンザ薬であるタミフルやリレンザなどはウィルスの増殖を抑える薬なので早めに治療を行えば脳症になる確率も低くなります。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    アーカイブ
      人気記事一覧
        サイト内検索
        最近の投稿